• HOME > ナンピンはご法度

FX取引でナンピンは決してしない

上昇すると思って買いポジションを持ったけれど、反対に下落することがあります。逆に売りポジションを持ったと同時に上昇することもあります。
このとき、下がった相場で新たに買いポジションを持つ、反対に上がった相場で新たに売りポジションを持ち平均売買コストを下げることを目的にしたのがナンピンです。

1ドル100円で1万通貨買ったが98円に下がったので、1万通貨買い増しすると
平均価格は99円になります。
つまり、1ドル99円で2万通貨買ったことになります。−2万円

1ドル98円から1ドル99円に戻ればトントンですが、さらに下がって1ドル95円になると、
−8万円になります。

ナンピンは良い一面もありますが、レバレッジを効かせたFXでは大きなリスクになります。
FX取引に大切なことは、リスクをどれだけ減らすことができるかが大切です!

思い切って損切りするか、多少の変動にはビクともしない余裕ある資金で取引を行います。


FXニュース

FX用語